English Studio Tokyo(EST) 日本で英語を学習できるプラットフォーム

english studio tokyoアイキャッチ English
スポンサーリンク

こんにちは、しょうぞうです。

今回は、English Studio TokyoというBtoB向けのビジネス英語学習プラットフォームについて紹介していきます。

今回は、記念すべき記事になります。
というのも、初めて企業様からサービスを紹介していただきたいと連絡を受けたからです。

ちなみに完全ボランティアでやってますのでなにか裏があるとかはないですから安心してください。

記事数もアクセス数もそこまでないブログなのですが、まさか連絡がくると思わなかったのでとても嬉しかったです。
なので、あえてがっつりとダイレクトマーケティングで紹介していきます。

英語を日本で学びたい!
ネイティブから英語を教わりたい!

と考えている人は是非みていってください。

スポンサーリンク

English Studio Tokyo(EST)とは

english studio tokyo

English Studio Tokyoとは、日本で英語を学びたい人やグローバルに活躍したいと考えている人に様々な角度からサポートするサービスを提供している会社です。

現在は、2020年東京オリンピックの招致活動をはじめとする国際ビジネススキルを向上させていくプロジェクトに従事していて、主にBtoB向けのプラットフォームになっています。

クライアント先には、東京オリンピック関係者、防衛省などの官公庁やゲーム会社などがあります。

Webサイト:English Studio Tokyo

Facebook:EST Online

スポンサーリンク

ESTの具体的なサービス

  • グローバルビジネススキルトレーニング
  • オンラインビジネスライティングプログラム
  • 英文チェック
  • 英文チェック
  • コミュニケーションサポート
  • 海外出張代行サービス
  • 海外市場進出のコンサルティング
  • ソーシャルメディアサポート
  • TOEIC/TOEFL/その他資格
  • 2020 Ready!
  • PGA講師による英語ゴルフレッスン

英語に関わるビジネスサポートは一通り網羅してるのではないかと思うほど、幅広い活動をしていますね。

>>詳しくはこちらをクリック!

注目しておきたいサービス

この中で個人的に注目したいサービスは、

  • オンラインビジネスライティング
  • 海外出張代行サービス
  • PGA講師による英語ゴルフレッスン

です。

オンラインビジネスライティングプログラム

メールでのコミュニケーションは企業にとって重要で、英語圏の文化はやはり英語圏の人間に教わるのが一番です。
クライアントへの初めての挨拶、製品のプロモーションなどの難しい表現を学べるのは良いサービスだと感じます。

海外出張代行サービス

これは、個人に気軽に注文できない企業ならではのサービスですね。

日本を超えて海外へアピールしたいときに、何をしたらいいかわからないと思います。

そんなときに、英語圏のビジネスに精通した専門的なスタッフに商品やサービスをプロモーションしてもらえば、効率的に商品をアピールできます。

これから海外に進出したいと考えている人は是非試してみてください。

PGA講師による英語ゴルフレッスン

ゴルフと英語のレッスンを複合したプログラムです。

「ゴルフ」を企業との付き合いや営業で重要な立ち位置と判断してのプログラムで、ゴルフの技術とビジネス英語を同時に学ぶことができます。

海外での営業や付き合いにはゴルフがメジャー何でしょうか?

とても興味深く、他の企業にはないサービスなので注目しておきたいですね。

English Studio Online (YouTubeチャンネル)

ESTでは、YouTubeでビジネス英語に関する内容を約1分の動画にまとめて発信しています。

その中でも個人的に感じた特徴的な部分を紹介していきます。

ネイティブならではの細かい表現

これが最大の特徴かつメリットですね。

ネイティブにしかわからない英語の表現というものが、必ず英語の勉強で立ちはだかってきます。

僕は、英語の塾講師もしたことがあるのですが、生徒から質問の中でも、日常でどの単語が使われているのかや場面ごとの適切な英語表現は本当に教えにくいです。

というのもネイティブじゃないので、それが正しいのかが瞬時に即答できないからです。
大抵、辞書を引いて一番近いだろうと推測される表現を教えるのですが(それでも合ってるのか自信がない)。

海外に長く滞在していない多くの英語教師は、文法や単語は教えられても英語の日常表現を逐一説明できる人はいないのではないでしょうか。

その点、ネイティブの教師なら当たり前ですが、瞬時にしかも適切な表現を教えてくれます。
簡単な単語でも実は知らないことが多くあります。

是非動画を見て勉強してみてください。

毎日動画更新

ESTは毎日約1分ほどのビジネス英会話のマナーや文法に関する動画を投稿しています。

2020年2月13日までに319個の動画を投稿していて、ほぼ毎日更新しています。
動画時間が短いとはいえかなりの継続力ですね。

企業だと当たり前なんでしょうか?

ブログをやっている人やYouTubeをやっている人はわかると思いますが、毎日更新は本当にすごいですね。
常に継続して発信している姿勢は見習うべきポイントです。

ほとんどの動画に英字幕がついている

英語学習者にとって嬉しい点は、日本語字幕ではなく英語字幕です。

最近では、YouTubeの自動生成英語字幕もかなりの精度を誇っていますが、やはりちゃんと字幕には勝てません。

英語字幕を毎回丁寧に作っているのをみると、受講者・視聴者に対して本当に英語を学んでもらいたいという思いが伝わってきますね。

ビジネス英語の勉強をしていて、英語字幕がなくて困っている人は是非!

動画は中級者向け

英語の字幕がついているとはいえ、動画内は全て英語のため文法などがわからない初心者の方には難しいかもしれません。

ただ、ビジネス英語を学びたい人や英語のリスニングがある程度できるようになった人の次のステップには最適な動画です!

優しい英単語で比較的ゆっくり話してくれているので、有効活用してみてください。

まとめ

僕は、オーストラリアに一年間行ったことがあるのですが、英語をしゃべったり聞き取れるようになりたいということが目的なら全然日本でもできます。
今は、YouTube・マッチングアプリ・オンライン英会話・各種SNSなど本当にグローバルな社会になっています。

一年間の経験で学んだことは、文法や英単語は日本にいても日本人に教わっても習得することができますが、発音・表現はネイティブに教わらないと著しく習得スピードが遅くなるということです。

その中で何を選択するか・どれだけ継続できるかが重要です!

まずは、ESTYouTubeを見てビジネス英会話の流れを理解してみるのもいいきっかけになるかもしれません。
是非おすすめしたいですね。

以上お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました